Splashtop Remote セッション中に使用できるさまざまな画面制御のジェスチャーとは何ですか?

en10092901

iPadiPhoneAndroid デバイスで初めてリモート接続の確立に成功すると、Splashtop Remote のセッション中に使用できる各種画面操作を図示する、ヒント画面が最初に表示されます。いくつかのジェスチャー機能は iPad、iPhone や Android デバイスのうちどれを使っているかにより異なります。ヒント画面が下に図示されます。

iPad で:

ipad-hints-screen.png

 

iPhoneで:

iphone-hints-screen.png

 

Android デバイスで:

Android-hints-screen.jpg

 

特に記載のない限り、iPad、iPhone、そして Android デバイスジェスチャーについて以下の一覧で説明しています。iPhone では、下記のように、いくつかのジェスチャーが異なります:

  • タップ:  マウス左クリックと同等。
  • タップアンドホールド(長押し):  マウス右クリックと同等。
  • 一本指ドラッグ:

◊   iPad では、テキスト選択に一本指のタップアンドドラッグや、スクロールバーのドラッグが使えます。

◊   iPhone では、目的のファイルをドラッグアンドドロップで動かしたり、スクロールバーを操作するために;一本指タップアンドドラッグが使えます。

  • マルチタップ:  タップしたエリアにマウスを置いたのと同等(「マウスオーバー」)。

◊   Android デバイスでは、2 本指タップジェスチャーはサポートされていません。

  • 2 本指ドラッグ:  アクティブウィンドウをスクロールします。
  • 3 本指ドラッグ:  お使いの iPad で、3 本指ドラッグで画面全体をスクロールします。例えば、キーボードが開いている場合は、キーボードで隠された部分を表示できるようになります。
  • 2 本指ピンチズーム:  ズームインやズームアウト。

◊   Android デバイスでは、2 本指ピンチジェスチャーはサポートされていません。

  • 2 本指ピンチアンドドラッグ:  iPad で画像を左右移動させる(上述の)3 本指ドラッグと同じ機能です。iPhone では、左右移動は 1 本指ドラッグで行えます。Android デバイスでは、2 本指ピンチアンドドロップジェスチャーはサポートされていません。
  • 3 本指タップ:  3 本指タップでビデオモードを調節したり、ディスプレイを切り替えたり、また他のオプションが行える詳細コントロールを表示します。

 

デフォルトでは、リモート接続を開始する度ごとに>ヒント画面が表示されます。続行をタップしてその画面を閉じるとリモート接続を続行します。しかし、リモート接続を初期化すると次回はまたヒント画面が表示されます。

note.gif  注記:  毎回表示させたくない場合は、毎回ヒントを表示欄をオフに切り替えてオフにすることができます。(そのあと、iPad の設定画面でのみオンに戻すことができます。)





他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。